2015年10月13日

トラクサスってこんなだから高かったのね!?( ̄◇ ̄;)




昨日の走行でスパー舐めによる強制終了どんっ(衝撃)となった三男トラクサス号。。。
(*`ω´*)プンスカ



元々はトントンのデモカーだったものを譲り受けて、受信機/アンプ/モーターを換装して自宅前や公園、河川敷での子供用お遊び車としてかなり過酷な状況下で酷使しても壊れないタフな造りに感心していた。( ゚Д゚)スゲー!



が、昨日付けていたモーターが調子悪い&速すぎた(13.5T)為、17.5Tに載せ替えたのが今回の失敗の元だったようで...ふらふら



13.5T⇒17.5Tに換装した後のバックストレートで『パパ!この車遅くなったぁぁぁぁ!!(# ゚Д゚) ムッキー』と三男に言われ、進角アップ(+20度)とピニオン4枚上げを実施したのですが、元々付いていたスパーとこの時付けたアルミ製ピニオンの相性が悪かったようでやたらとギヤノイズがデカイな〜なんて思っていたら最終的にこのようになってしまいまして...(´Д`;)

01s-DSCF3686.jpg

 ※ピニオンもほほ坊主状態(>_<)。バックラッシュズレが原因では無かったでした。



このスパー、片持ちスリッパーが装備されているなにげに凝った造りの一品。

02s-DSCF3688.jpg

03s-DSCF3690.jpg



「ま、スパーなんてたいした金額しねーだろ(・∀・)」と思って、色々調べていくと驚愕の事実が発覚! ёё≡ Σ(ω |||) エェェェッ!


参考:http://www.amazon.co.jp/Traxxas-4690-Spur-Gear-%E4%B8%A6%E8%A1%8C%E8%BC%B8%E5%85%A5%E5%93%81/dp/B00QZ863V6

05.jpg

06.jpg





          は?



    

      ふ・ざ・け・ん・な・ぁぁぁぁぁーーーー!(#゚Д゚)










てことで、工作費用にいくらかかろうとも絶対に純正には手を出さないと心に決めて、早速工作開始。φ(`д´)



とりあえずベースのシャフト径が5mmである事を確認し、手持ちの二駆&四駆のスリッパー構造を確認していくと、京商2駆のスリッパーを加工すればなんとかイケそうな感じ。( ̄ー ̄)キラーンぴかぴか(新しい)



で、まずは純正のプレートとスリッパーパッドが接触するようにスパーへの加工を施してあせあせ(飛び散る汗)



・加工前

07s-DSCF3687.jpg


・加工後

08s-DSCF3691.jpg

  ※所謂”ザグリ”。リーマーとルーター使用〜




で、次はプレートの加工。あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)



本来はプレートとシャフトは回転方向で固定されていなくては駆動力が伝わらず、拡張加工はNGなのですが、トラクサス号のトップシャフトをDカットする気は起きず、元々片持ちスリッパーをガチ締めで使っていたので、今回もガチ締め前提で作業を継続・・・
φ(・∀・)アハハハハー



・加工前

09s-DSCF3696.jpg

10s-DSCF3694.jpg
 

・加工後

11s-DSCF3695.jpg

12s-DSCF3699.jpg

 ※棒ヤスリとドリル使用〜
 


しっかり円になりました。(○∀○)るんるん






で、いざ装着グッド(上向き矢印)(`・ω´・)


13s-DSCF3697.jpg

14s-DSCF3698.jpg

15s-DSCF3701.jpg

16s-DSCF3703.jpg




とりあえず机上でのセットではガチ締め(+ゴリっていらなくなったベアリングをスペーサーとして利用)だと問題なく、ちょっと緩めていくと生意気にスリッパー効きました。



まぁ、この辺は実走での耐久性チェック必須ですが。。。(^^;





しかし、某国内代理店のHP見てもパーツリストは絶賛準備中だし、(もう取り扱ってないのかも?)量販店でも取り扱い無いみたいだし...足回りとか壊れたら終わりかなぁ〜
(´・ω・`)



でも実際今までほとんど壊れてないから、まだまだイケる事を願って
(^人^)オネガイ



いいお遊び車両なんで、もっと長持ちさせてやりたいな〜
(´∀`)



て事で、





|Д´)ノ 》 ジャ、マタ





手(パー)


posted by ts-papa at 23:52| Comment(2) | 改造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする