2010年01月26日

PRO3

↓これ全て、


s-P1200034.jpg


       ゴミ 。。。。。。。。。じゃなくて、PRO3


s-P1200039.jpg


s-P1200036.jpg

s-P1200037.jpg

s-P1200038.jpg



他にも更なる粗大ゴミ  パーツ取り車両が...


s-P1240001.jpg


。。。たくさん。( ̄Д ̄)


・・・・・・・・・・・・・


EPツーリングで一番気合いが入っていた頃(`・ω・´)に使っていたのが、


コレの前のPRO2。


s-P1240002.jpg


s-P1240005.jpg


この車、10年前の1999年の谷田部アリーナで開催されたキチガイレース


...24時間耐久レースで強豪ワークスひしめく中、見事20台中、


11位で完走した車両....このころから何気にHPI信者(^。^)



P1240006.JPG


今見ると非常に残念なチーム名。orz


もうちっとまともにしとけばよかった _| ̄|○


・・・・・・・・・・・・・・・・


その後エンジンにメインは変わったが、PRO2の後継車である事が


決め手となり、手に入れたのがPRO3。


発売当初はプラスチックパーツのかたまりで、固定式のアッパーアーム等、


価格を抑え、初心者をターゲットとした内容に好みが分かれた車だが、


最終的にはATSUSHI HARA EDITIONでスマートなルックス


になった迷車 名車



ドリフトが流行り出した頃、ヨコモの86ボディを使いたくてボディのみ入手。


しかし大事なPRO3をドリ車にすることは出来ず、くたびれたPRO2に


ゼロワン履かせて自宅前デビュー。


しかし、今ほど流行っていなかったし、正直当時は何が楽しいのかわからず、


すぐに飽きてしまう。。。・⌒ヾ( ゚听)


子供も小さく、なかなかラジれない中、とある室内コース(なんちゃら天国)


が近くに出来たので、見学に。。。


................で、ハマる。(*´∀`*)


当時は値段も格安で250円で半日遊べた。。。(今は倒産〜クローズ後、


別オーナーとなって再開したが、値段が5倍位になってしまい、なんとなく


足が遠のいている。別に高くはないのだが、なんとなく。。。ね。


・・・・・・・・・・・・・・・


前置きが長くなったが、この室内カーペットコースで、子守がてらPRO2や


TT−01を走らせていた時、中古コーナーで格安のオンボロPRO3発見。
                               ( ゚Д゚)


即購入して、躊躇なく切った貼ったでドリ車に改造。ちなみに一番右のがそれ。


          ......で、ソイツは今、子供用。


センターバッテリーの絶妙なバランスと、ものめずらしさがウケて、気づくと、


自分用に秘蔵のPRO3を投入し、書き始めの状態に。。。。^_^;


・・・・・・・・・・・・・・・



世間が前後駆動比を変えて、カウンターを当てやすくするケツカキなる事を始めだした頃、


手持ちのPRO2パーツを流用する事で、実現させたのが、今回の主役の「ケツカキPRO3」

s-P1200009.jpg


フロントはタミヤの37T、センター前側はPRO2の15T@ワンウェイ、

s-P1200008.jpg


s-P1200016.jpg



センター後ろ側はヨコモの20T、リヤはPRO2用の32Tを使用。



s-P1200014.jpg


s-P1200015.jpg


ノーマルがF:36T、センター:16T、リヤ36Tなので、ベルトの変更を行わずにコンバート可能。


これで駆動比10枚差の1.54の完成。


他の組み合わせではF:37T、センターF:15T、センターR:16T、リヤ32Tで6枚差1.23。


s-P1200029.jpg

この場合はベルト長を2コマ詰めた69Tが必要となるので、京商エボルバ用の207ミリのベルト


を半分の巾に詰めて(2本分取れる(^^♪)使用。

s-P1200031.jpg

s-P1200033.jpg



また、フロント側をノーマルのままリヤを上記組み合わせで仕上げると、8枚差1.41と


4枚差の1.13が完成。


20Tプーリーの固定方法だが、初回はシャフトを加工して作成したが、強度に不安が残り、


最終的にはホームセンターで84円で売ってたゴムマットを間に挟んで固定。


s-P1200027.jpg


今のところ、スベリや緩みは無いので、これで良し。


足回りはアッカーマンはフルで切った時に0となるよう調整。


s-P1200021.jpg


s-P1200022.jpg


キャンバーはフロント10度前後、リヤ2〜4度。

s-P1200020.jpg

s-P1200025.jpg



バネはF:タミヤソフト、R:無し。ダブルワンウェイでリヤはカワダのクラッチブッシュを使用したリジット。


s-P1200019.jpg


s-P1200011.jpg

セットについてはフロントだけに絞っても、硬めを好む人もいればフニャフニャにする人もいるが、


自分はとりあえず今の状態が走らせやすかった。



でも路面の状態によってもかなり変わってくるし、とにかくスピンしまくりで難しい。。。


こんな感じ。




決まると何気にうれしいんだよね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あれ?


<(_ _)> <(_ _)> スイマセン <(_ _)> <(_ _)> 

s-P1230137.jpg


バランス充電がしたくてつい......



             間が差しました!


         
すいませんでしたぁ〜〜〜〜〜〜。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。


・・・・・・・・・・・・


買った後の気づいたのだが、YZ−110と妙に共通点が多い。


箱の作り、内容物、操作方法、メロディ等。。。。


温度センサーはYZ−110のものがジャストフィットで使えるし??


元は同じ???

posted by ts-papa at 00:36| Comment(3) | PRO3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする