2017年04月22日

3P(化)してみた(/ω\*)





必要なパーツ(ジャンク)を準備した後、ルーターとヤスリを使用して"ちゃちゃっ"と加工...φ(`д´)


※参考にさせていただいたサイトはココ ぴかぴか(新しい)Special Thanksぴかぴか(新しい)

 ⇒ http://www.ww2maniax.com/ww2_page/ww2_top2.htm




で、こんな感じに完成!バッド(下向き矢印)

s-DSCF4817.jpg

s-DSCF4818.jpg




ポイントはダンパー長かと。装着した三本目のダンパーのみでアクスルを吊った際、ロールする軸受?部分がちょうどスライド範囲の真ん中位になるように合わせると最終的に組み上げたときにストレス無くロールするようになります。ちなみにσ(゚∀゚)オレは軸受部にクレのドライファストルブを吹き付けてホコリを呼ばないスムーズさを狙ってみましたよ(*´д`*)




ちょっとだけ試運転してみましたが、かなりイイ感じに仕上がりました。(´∀`)アリガトウ.WW2MX




−−−−−−−−−−−−−−




現在外の天気は雨小雨




明日晴れる晴れかな?





|Д´)ノ 》 ジャ、マタ





手(パー)



posted by ts-papa at 22:27| Comment(2) | ラジコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このテのリアサスはオフロードでも1/12レーシングのリアサスのノウハウが使えますよね。
約30年前にホーネットが出た時に走ってるのを見て、こりゃ前側にダンパー付けないとダメだね〜と試した(自分の車ではなかったですがw)次第です。
その後、アッという間にホーシングをカットして独立サス(トレーリングアーム!)化しちゃいましたが、あーでもないこーでもないと色々と改造して楽しむ要素があって面白いですよね。
Posted by やんま。 at 2017年04月23日 23:26

>やんま。さん

中学生の頃なんかパタパタしながら走るホーネットや跳ねまくるグラスホッパー、やたらと戻り側の減衰力が強い当時オプションだったタミヤの銀色のフィンの造形が凝っていたダンパー(名前忘れた^^;)を装着したマイティフロッグを仲間が所有しておりました。

当時はどうすれば走行性能が上がるかなど良く分かっていない中、弄り回して壊す⇒色々工夫して直すを繰り返して学び・遊んでいたような...(´∀`)

バギーチャンプのリヤサス(バネはトーションバー形式)に付いていた見た目だけでダンパー効果がほぼない状態でも「スゲー!(゚∀゚)」と喜び、後にスコーピオン・トマホーク系のリヤを落としたときの収まりの良さに「ダンパーの減衰ってこれの事かΣ(゚∀゚*)」と感動したり...


その頃、モデルジャーナルでのケムール氏の改造マイティフロッグ記事に目を輝かせていた事を思い出しました。




29日は都合がついたら顔出しします。


でわ、


( ̄▽ ̄)ノシ

Posted by ts-papa at 2017年04月24日 21:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: