2010年10月26日

M11X!

 
先日、リアル40歳の誕生日を迎えた日。。。。


   自分へのプレゼントで。。。。


      買っちゃいました。。。。


           M11X \(^o^)/


s-PA260310.jpg



12月にはテレメトリーシステム搭載の最新機種「MT−4」が発売されるので、


そちらを狙っていたのは事実ですが、CAD画像を見る限り、はっきり言って

                   
                          カッコワルイ ( ̄△ ̄;)


フタバの4PKの時もそうだったので、いずれ慣れるのだろうけど......


DASH→マシンA→マシン1→M6→M6スーパー→M8→M8SS→M11


と、ずっとサンワ党で、スロットルとステアリングが同軸にあるスタイルが好きなので、


M11Xを選択しました。


世間ではスーパーレスポンスと謳われているが、数あるサーボ資産を無駄にしたくないのと、


反射神経の衰えから違いはわからないであろうと推測し、今回は451Rではなく451の


Wレシーバーセットを購入!
(本当はチ○ンプで数量限定の最後の一個のお買い得品&後々レシーバーを増やす時は451Rを
選択するだろうから、現状ほぼ同価格であるなら安い方を買っておいた方がイイかなと^_^;)


中身は↓


s-PA260311.jpg

s-PA260312.jpg

s-PA260313.jpg


オフ車とドリ車に搭載予定。


いずれ感想を書きます。


手(パー)



posted by ts-papa at 22:21| Comment(0) | 物欲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

ハイテック ナインイーグル 3



やっと見つけた ひらめき


@.jpg


ホームセンターの鋼線コーナーにあるピアノ線にはなぜか0.8oが無く、あってもフニャフニャ
の針金のみ( ̄△ ̄;)



最終的には手芸や油絵、漫画のスクリーントーンなどがあるホビー専門のお店でようやく
見つける事が出来ました。(*^▽^)b


で、早速製作開始!

今回は仕上がりの全長を123ミリに仕上げる事とし、とりあえず130ミリでカット。

※【理由】※
標準のスタビ全長が130ミリ(折れたもので計測なので微妙。。。)、前回バラした
ウエイトがプラ部分4.5ミリ、ウエイト5.5ミリで、今回はプラ部分が無いので、
130−4.5×2=121ミリが標準と同等となるが、プラ部分の重さを考慮して、
片側+1ミリずつ延長。


カットにニッパーを使用すると刃こぼれしてしまうので、専用のペンチでカット。

A.jpg

A-1.jpg

片側にラジペンで曲げ加工をして、

B.jpg

ウエイト、真ん中のパーツ、ウエイトの順に通して、反対側も曲げ加工。


曲げ加工した部分がウエイトの凹部に納まるように専用ペンチで加工して、瞬着で固定。


・・・・が、真ん中のパーツがうまく止まらず少し力を入れるとずれてしまう(−_−;)


・・・・ので、中心部分を専用ペンチで傷付けてから再度固定。


C.jpg


プライマー吹いて、カチカチに固定したのを確認して、本体に装着。


D.jpg


無事、飛びました。( ^∇^)b   


E.jpg

                部屋、汚なっ( ̄▽ ̄;)



でも、車のガス代考えると。。。。


               ま、いっか ( ´ ▽ ` )ノ


手(パー)
posted by ts-papa at 23:47| Comment(0) | ナインイーグル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする